知らなかったじゃ済まされない!?メルカリ恐怖の【圏外飛ばし】とは?注意点と対処法

ちー

どうも、ちー(@chiiapparel_1)です!

昨日、Twitterでメルカリについてとある【恐怖の情報】が話題となっておりました。

それは、こちらのツイートにて言及いたしましたが、、

https://twitter.com/chiiapparel_1/status/1392284822714736640?s=20

そうです…メルカリの【圏外飛ばし】についてです。

数年前、メルカリ界隈ではかなり話題となっていた【圏外飛ばし】

当時はみんな戦々恐々と気を付けてメルカリ活動をしていたものですが、気が付けば最近はそんなに話題になっていなかったかも。

だからなのかTwitter上には意外と知らない人も多かったようですので、改めて今回ブログに書きたいと思います。

一度メルカリで自分のアカウントが【圏外飛ばし】になってしまうと

・全く売れなくなる

・しかもいつ解除されるか分からない

という恐ろしい状態になってしまいますので、しっかりと注意してくださいね!

目次

【圏外飛ばし(けんがいとばし)】とは?

そもそも、メルカリの【圏外飛ばし】とは一体なんでしょうか?

私の記憶だと3~4年は前から言われている言葉のように思いますが、元々はメルカリユーザーが勝手に言い出した通称のようなワードで、特にメルカリ的に公式でもなんでもないワードです。

メルカリで新たに商品を出品しても、

新着に表示されない

・検索しても出てこない

という、普通に検索しても一覧に出てこない状態になるため全く売れないという恐ろしい現象のことです。

いつの日かその状態が【圏外飛ばし】と呼ばれるようになりました。

ちー

【圏外飛ばし】とは、メルカリ民が言い出した俗称です

メルカリの新着に現れないので、なかなか重い措置です。アカBAN一歩手前ではないか?と個人的に思います。

確か、圏外飛ばしが行われるようになった時の話題は、2ちゃんねる(現5ch)という匿名掲示板で見たような気がするので、ちょっと今回改めていつ頃発生したのかを調べてみたところ、

2017年にはすでに2chこのようなスレッドがありました。

【メルカリ】2017年5月執行 末尾の刑 圏外飛ばし 4 [無断転載禁止]©2ch.net より一部抜粋

当時はまだ、メルカリに関するブログや情報発信者も今ほどは多くはなかったので私は2chでも情報収集をしていたのですが、なんか時代を感じますねw(今の若い人はきっとほとんど見ないでしょうね…)(存在も知らないかも…)

で、私がどのスレを見て知ったのかは忘れてしまいましたが、当時はメルカリ系のスレッドは複数存在しており、各所でかなり【圏外飛ばし】について話題になっていたことが思い出されます。

ちなみにこのスレッドを見ていると、この頃は【末尾の刑】とも言われていたみたいですね(そういえばそうだったような…懐かしい…)。

なんていうか、圏外飛ばしって自分の商品が検索の一番最後(末尾)に飛ばされる(半年以上前の後ろにされる)、という状態が最初だったと思います。

現在もそういう状態なのかは、幸運にも?私は今まで圏外飛ばしになったことがないのではっきりとはわからないのですが、とにかく、メルカリの新着やタイムラインにパッと現れない状態を総じて【圏外飛ばし】と呼ぶと思います。

2chでも話題になっていましたし、当時はメルマガなどをやっていた情報発信者の間でもかなり話題でしたね。

この後説明しますが、なんと一度圏外飛ばしをされてしまうと解除の方法は誰もわからない厄介なものなので、当時のメルカリ民は最新の注意を払いながらメルカリをやっていたものです。

ちー

数年前、【圏外飛ばし】で苦労した人が続出しました…。なので今でも気を付けて活動している人が多いです。

今でも、ブログやYouTubeで圏外飛ばしについて言及されている方は大勢いらっしゃいます。

しかし考えてみればTwitterでは私の観測範囲ではあまり話題になっていませんでした。どちらかというと、どんな方法が稼げるのか、どんな商品が売れるのかなどそういう情報ばかりで。

ということは最近は飛ばされる人は少ないのかな?とは思うのですが、一歩間違えばアカBANかもしれないペナルティの可能性が高いですので気を付けた方がいいことは間違いないです。

というわけで、前置きが長くなりましたが圏外飛ばしにならないための注意点を書いていきます。

※ちなみに、幸い私は今まで圏外飛ばしになったことはありません。が!ヒヤッとしたことは何回かありますのでそちらについても解説していきます。

メルカリで【圏外飛ばし】になる理由

ではなぜ、そもそもメルカリで【圏外飛ばし】になってしまうのでしょうか?

なんで圏外飛ばしになっちゃうの?

圏外飛ばしの原因に関してたくさんのブログ記事やYouTube動画がありますが、大前提として

本当のことはメルカリ側しかわからない

ということを覚えておいてください。

今までたくさんの人が「自分はなぜ圏外飛ばしになってしまったのか?」という内容をメルカリに送っているということがネットのあちこちに見られますが、2021年現時点で明確な回答が得られた人はいないからです。

ちー

今のところ、メルカリが公式的にペナルティ等に関して理由を教えてくれることはないようです…。

私も今まで色々と調べてまいりましたが、基本こういったメルカリからのペナルティ措置に関する問い合わせには事務局はコピペ回答しかしてくれず、真実を教えてくれることはありません。ある意味非常に理不尽ですが、何を聞いても明かされることはないので真実を聞くのは諦めた方がいいです。

ですので、あくまでネットに出回る圏外飛ばしになる原因は予測でしかありませんが、それぞれに圏外飛ばしにあったアカウントには大体同じような共通点があるようです。

例えば、代表的な原因の共通点は以下のような内容です。

・一日に大量に出品

・短い間隔で大量に出品(1分以内に大量出品など)

・一度に大量に商品削除

・同じ商品を大量出品

など

など…早い話がツールで出品したかのような、普通に考えて人間の手ではできないような出品や削除などの動きがあった場合に起こることが多いようです。

昨日のツイートにもこのように追記しています

なぜ、ツールのような動きがダメなのか?というと、基本的にメルカリは業者の出品はNGというスタンスを取っているため、一般のメルカリユーザーとは違う動きをするツール出品者(業者)は排除したいという意向のためと思われます。

思い起こすこと2017年ごろ、当時は本当にツールを利用しての大量出品者が多かったんですよ。特に中国輸入系の雑貨やアパレルを販売している出品者が大量にいました。

余談ですが、当時2chのどこかで書き込みをみたのですが、当時はハンドメイド系の出品者が毎日何十件も同じようなページを大量出品しオーダーを取る、という手法をやっている人が多かったようで、そのようなハンドメイド出品者も多く飛ばされたりしたようです。

ですので、今でも同じものを複数出品することがある方は圏外飛ばしにならないように気を付ける必要があります。

そもそもメルカリの規約にはこう書いてある

あまりメルカリの規約を読んだことがある人は少ないかもしれませんが、先日とある調べものをしていてメルカリの規約を改めて読んでいました。

すると、こういったことが書かれています。

メルカリガイド・迷惑行為(禁止されている行為)より https://www.mercari.com/jp/help_center/article/908/

メルカリは【荒らし行為】【スパム行為】を禁止としており、一度にタイムラインを埋め尽くすほどの大量出品は禁止行為に当たるのではと思っています。

普通に考えて、同じ商品がズラーッと大量に並んでいてほかの人の出品も妨げているなら見る側としては迷惑ですよね。

メルカリはあくまで個人がフリマ販売を楽しむ場です。その輪を乱すような行為は迷惑行為にされても仕方ないのかなと思います。

また、

・その他、事務局が不適切と判断したもの

っていうめちゃくちゃ不明確な一文も書かれています(^^;

早い話がどんなことでもメルカリ側が「ダメ!」と判断したことは、いかなることでもNGという意味だと思いますので気を付けましょう。

メルカリがダメ!って言ったらダメなのよ…

圏外飛ばしにならないためには

では、圏外飛ばしにならないためにはどうしたらよいのでしょうか?

基本的にここまで書いてきたような大量出品や削除は行わない、というのが一番の対処方法になると思います。

特に大量出品に関しては、数年前まで圏外飛ばしの防止方法として「一日の出品は10商品まで!」と言っている情報発信者もいました。

が、ということは

困ったなぁ…

11個出したら、圏外飛ばしなの?

ということになるのか?と言ったら、そんなわけもないと思います。

11個出したらアウトなら、普通の出品者も相当数が飛ばされてしまうことになります。なので、10個ならOK、それ以上ならアウト、などの判断はちょっと現実的ではないと思っています。

せどりやっていない人でも、一日10個以上出品することだってきっとあるよね

Twitterを見ていても、一日に20個くらいなら出している人をよく見かけます。私も実際10個以上出品する日ももちろんありますが、今のところ本格的な圏外飛ばしにあったことはありません。(※今のところ、という意味は後程説明します)

ただし、一日の出品数を注意すべき人は

ただし、一日の出品数で注意すべき人もいます。例えば、評価が0または10件前後程度のメルカリ初心者さんは気を付けた方がいいと思っています。

なぜかというと、中国系の輸入転売アカウントはBANされても次から次へとアカウントを作成しメルカリで販売を行っている場合が多く、評価0でバンバン大量出品している人を実は今でも見かけます。

彼らがツール出品しているかは不明ですが(最近ではメルカリで利用していても大丈夫な出品ツールもあるようです)、そういった中国系のアカウントも出てきては消え、出てきては消えしているイメージなので、そういった中国系アカウントと仲間だとメルカリ側に思われてしまい、アカウントが止められてしまう可能性があるのではと思われるからです。

ですので、最初の評価が浅いうちは一日10商品程度に収めておいた方がいいと私は思います。

評価が10、50、100…と貯まってきたら、そこまで厳密に一日の出品数は気を付けなくてもいいかと思いますね。一日に10~20個程度の出品なら圏外飛ばしなどの可能性は低いかと思います。

ちー

現実的に、一日に50~100個と大量出品し続けるのはツールでもない限り大変すぎて難しいのではと思います(できる人がいたらすごい!)。なので基本的には、一日の出品数に関してそこまで不安にならなくていいと思います。

結構今までにも、こうして情報発信をしていると「一日10個までしか出品できないって本当ですか!?」とか、質問を頂くんですよね(似たような質問を何度も頂いたことがあります)。

しかし普通に考えて、10以上で飛ばされるならほとんどのユーザーは危険だということにもなると思いますし、とはいえ絶対この数が危険!と示すことができないというのが現状ではあります。

圏外飛ばしにはどうやって気づくの?

実はメルカリで出品していて圏外飛ばしにあっても、ユーザー側には一切通知などはありません。利用制限などのペナルティはメルカリから通知が来ますが、圏外飛ばしに関してはそっとメルカリからサイレントで与えられるペナルティです。

ではどうやって圏外飛ばしに気づいたらいいのかというと、メルカリに出品した後、自分の出品商品一覧を見ると目玉マークのアクセス数がわかりますよね。

目玉の部分がアクセス数。出品直後から0のままの場合は危険

普通、出品直後でもすぐに2~3件以上はパッとアクセスが入ることが多いと思うのですが、ここが【0のまま】一切閲覧数が増えない場合は圏外飛ばしである可能性が高いです。

そして、数日経っても何件も出品商品が閲覧数が0のままという場合はほぼ圏外飛ばし状態であると言ってもいいでしょう。

ちー

ただし、圏外飛ばし中でもフォロワーには出品通知が行くと数年前に聞いたことがあります。現在は今のところわかりませんが、圏外飛ばしにあっていても多少のアクセスは増える可能性はあります。

自分が圏外飛ばし?と思ったときの確認方法

出品してもアクセスが全然増えないとき、一度自分の商品をメルカリで検索して探してみましょう。

ブランドカテゴリ等で見てみたときに、上位に現れているならセーフです。

私も毎回、自分が商品を出品した後は一旦ブランド検索で飛んでみて自分の商品が上位に現れているかチェックします。

しっかりと上位に現れているのに、アクセスが少ないなら自分の商品や出品方法が悪かっただけなのかなと気づくきっかけにもなるのでお勧めです。

メルカリは多少表示にタイムラグがある場合もあるので、もし表示されていない!と思ったときは数分後にまた確認してみるといいでしょう。それで表示されていたらOKです。

どうやら圏外飛ばしかも…解決方法は?

では実際に、出品商品のアクセスが一切増えなかったり、検索しても上位に出てこない…という圏外飛ばしになってしまったならどうしたらいいのでしょうか?

結論としては、序盤に書いたように【本当のところはメルカリしかわからない】ため、明確な解除方法というものは存在しません。

とはいえ、大体のネット情報などを合わせてみると

・出品などは一切せずにメルカリを放置

・最低でも1日、それでもダメなら3日程度は放置

・人によっては数か月から半年以上解除されない人もいる

といった感じです。基本は放置するしかないようです。

解除までの期間も本当に人によってマチマチで、かなり長い間解除されない人もいるようです。解除されないうちにまた出品などをしてしまうと解除まで伸びることもあるとかないとか。ネットではまことしやかに語られています。

というか、放置するしかないなら一体自分がいつ解除されてるか確認するなら出品するしかないと思うんですが(^^;

それでまた延長されちゃうなら理不尽というかなんというか…本当にならないことに越したことはないのが【圏外飛ばし】です。

ちーが「圏外飛ばしかな?!」とヒヤッとした瞬間

さてここまでは私がネットで調べてきたことを中心に書いてきましたが、ここから実際に私ちーが「圏外飛ばしかな?!」とヒヤッとした瞬間の実体験を書いていきます。(結果的には大丈夫だったのですが)

それは

・短い時間間隔での複数出品(1~2分以内に複数出品など)

・同じタイトル、説明文、カテゴリ商品の複数出品

の2点をやってしまったときです。

特に時間間隔の方はやばいと思ったことが何回かあります。例えば1分以内に複数の商品を立て続けに出品したときに、上位表示されない…ということが起こったことがあります。ですので、出品の時間間隔だけは今でも気を付けて出品しています。

では、一体どんな時に私がヒヤッとしたのか?ということを解説していきます。

意外とやってる危ない「短い時間間隔」の出品方法

あなたは、メルカリで出品するときに

たくさん商品を下書きしておいて、後でメルカリのアクセスが多い時間帯に一気に出品しよう!

と思ったことはありませんか?

そのこと自体は戦略として大いにOKなんですが(夜の21~23時台はメルカリのアクセスが多い時間帯として有名ですよね)

下書き→出品という方法をするとポンポンと一気に出品していくことができるため、出品の時間間隔がかなり短くなってしまうことがあるんですよね。

私も以前、あまり深く考えずに下書きをポンポンと出品していったら、いきなり何個めかの商品がアクセス0、ブランドカテや商品名で検索しても一切表示されないという状態になってしまったときがありました。

もしや圏外飛ばし!?と思いましたが、一応その時はそれより前に出品されていた商品は表示されていましたので、少し時間をおいて別のものを出品してみたら無事に表示されました。

もしかしたら、そのまま気づかずに短い間でどんどん出品していっていたら、本格的に圏外飛ばしなどのペナルティにあっていたかもしれません(今となっては不明ですが)。

もし皆さんも、下書き→出品を連続ですることがあったなら、最低でも3~5分程度は間隔を空けて出品することをお勧めします。

ちー

あのままどんどん出品していたら今頃どうなっていたのか…神のみぞ知る。


同じタイトル、説明文、同じカテゴリ商品に複数出品

これは時々Twitterなどで注意喚起している人を見かけるので、もしかしたら経験あった人もいるかもしれませんが

メルカリでは全く同じタイトルや説明文で同じカテゴリに複数同じものを出品していると、一つしか表示されないという仕様があるようです。

例)同じタイトル・説明文・カテゴリで2点出品したのに、1点しか検索で出てこない など

これも確実に業者対策で、とにかくメルカリでは同じものを大量出品することを嫌うので全く同じタイトルや説明文、カテゴリの商品は跳ねるようになっているのだと思います。

ですので、同じ商品を複数出品する場合はタイトルや説明文、カテゴリを微妙に変える必要があります。

複数出品しているのに1点しか表示されない、という場合はたいてい少しでもタイトルなどが変わっていると表示されます。

が、これも同じタイトルなどで大量に出品していると圏外飛ばしまたは利用停止などもあり得ますので、最初からタイトルなどには気を付けて出品した方がいいと思います。

かく言う私も、数年前にバンバンと一人で100件くらいとあるレディース水着商材を売っていたことがありまして(しかも一種類)

その時に同じタイトルなどでどんどん出品していたら、一部商品が表示されていないことに気づいたんですね。

その後微妙にタイトルなどを変更したら表示されましたので、タイトルなどには気を付けた方がよいかと思います。

余談・私が圏外飛ばし!?と思ったときに試した方法

めちゃくちゃ余談なんですけど、私が「圏外飛ばしかな!?」とヒヤッとしたときに一つ試す方法があります。それは

ちー

普段全く出品しないカテゴリで一つ試し出品をしてみる

です。

例えば、私は普段ほとんどレディースの衣類・バッグシューズなどのアパレル品しか出品しませんが、とりあえず適当に手元にあったペンとか消しゴムとか、なんでもいいから適当にいつもと関係ないものをポンと出品してみたんです(その時は近くにあった何らかの文房具でした)。

そしてそれが出品直後にパッと3件くらいは閲覧が付いたり、または検索して上位にいるようなのであれば、セーフと判断しています。

この場合、タイトルやカテゴリが同じ商品が続いたとか、何かしらちょっと危ないことをした後であることがほとんどなので、タイトルなどを訂正し出品し直せばその後普通にメルカリが使えてきました。

もしちょっと、「やっちゃったかも!?」と思ったことがあったときには試してみてもいいのではと思います。

※尚これはめちゃくちゃ私流のやり方なので、試す場合は自己判断でお願いいたします。

基本的には何もしない方がいい、という意見が多数なのでもしポンと違うものを出してみてそれでも全然検索に上がってこない、という場合はその後放置がいいでしょう。

まとめ

さて、今回どうしてここまで【圏外飛ばし】について書いてきたかというと、Twitterでmicchanさん@micchan_furugi)という方のメルカリアカウントが「圏外飛ばしになったかも」という内容のツイートを見たからです。

※尚、その元投稿は現在すでに削除されています。micchanさんのツイートで初めて圏外飛ばしについて知り、不安に思った方が多かったようできちんと調べてからまたツイートしようと思ったからだそうです

その後、micchanさんも以下のツイートで実際にご本人が調べたことやご自身の見解をまとめたレポートを公開されています。

私がここまで書いたこと以外のmicchanさんの見解も書かれていますので、ぜひ一度ご覧になってくださいね^_^。

んで、この一連の流れや私のツイートへの反響から「あ、圏外飛ばしについて知らない人って結構多いんだな!」と思ってまとめることにいたしました。

数年前まではかなりどこでも話題になっていた現象なのでみんな知ってるのかな、と思っていたのですが考えてみれば最近一年以内などにメルカリを始めた人は知らなくて当然ですよね。

もし、知らないままやっていて気づかないうちに圏外飛ばしになっていた…という怖い思いをしないためにも、本日はブログ記事にさせていただきました。

しかしながら、Twitterであまり話題にしている人が今までいなかったことを考えると、基本的に普通にメルカリで活動している限り(ツールのような大量出品などをしない限り)そこまで神経質に心配することではないと思っています。

圏外飛ばしが登場した2017年~2018年ごろはかなり話題にも上がっていましたが、最近は少なかったことから考えてもおそらく普通に古着をコツコツ出品している分にはそんないきなり飛ばされることはないかと。

とはいえ、一度起こっていますと冒頭にも書きましたが全く売れなくなるという怖い現象ですので、気を付けてメルカリに出品していきましょうね。

表で言えないノウハウは、LINE@でしています

友だち追加
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

\2020年は年商1000万突破/ 夫と子2人の四人家族で暮らしています。元アパレルEC社員→現在は主婦業をやりつつ、メルカリやヤフオクでレディースの古着(アパレル)のせどりで月40~50万ほどの利益を出しています。古着・アパレルせどり(転売)に役立つ発信をしております。

コメント

コメントする

目次
閉じる